2010年01月01日

Greetings!

あけましておめでとうございます。
北海道は十勝、川のほとりに工房を引越しして今年で10年。
活きの良いニジマスを相手に『十勝鱒竿』というロッドを製作してる橋本です。

factory.jpg
十勝は大きくて力強いニジマスの泳ぐ流れがあり、そのフィールドから生み出される実戦的なロッドを製作することを身上にしています。川とサカナからいろいろなことを教えてもらいながら、得たものを竿にフィードバックできたら、というワケです。
たぶん、私の工房は世界で一番小さい工房かもしれません・・・
ですがそこで日夜、丹精込めてロッドの製作をしています。


そういえば今年盛夏、つり人社「ノースアングラーズ」誌の若杉氏が私の工房を訪ねてくださいました。せっかくの取材だったのですが、雪代も少なく少雨で異常なタフコンディションの中で2回のチャンスを逃し、レインボーの大きな背中を見せつけられて終わってしまいました。
(詳しくは雑誌をご覧ください^^→ http://e-tsuribito.jp/pages/magazine/north_anglers/2009/10/

雑誌と雪景色
楽しい夏の記憶は遠く・・・
現在は日中も冷下で積雪中(´A`)

でも逆にこの時期は製作にも集中して取り組めるんです。こういう時期がないと年がら年中釣りしてしまいそうですから・・・
そして、たくさんの積雪で来シーズンが楽しめるようにと願ってます。



そして本題・・・
この度、私の『十勝鱒竿』のウェブサイトを立ち上げました。
『十勝鱒竿』をアメリカでプロモーションすることになったためです。
バンブーロッドとレインボーの本場アメリカでどれだけ通用するものか、自分のウデを試したいという気持ちです。おかげさまで現地のディーラーさんの協力も得ることができ、関係各位にはたいへん感謝しています。
アメリカ向けの英語サイトが初期稼働になりますが、近いうちに日本語のページもアップできますので、日本の皆さまにも・・・
ぜひご覧いただき、私の『十勝鱒竿』にご興味をお持ちいただけたら、これほど幸せなことはありません。
今後ともよろしくお願いいたします。

皆さまの新しい年がよい年となりますよう、心より祈念いたします。

橋本 直紀


***


Dear U.S. flyfishers,

Happy new year!

I, Naoki Hashimoto, a builder of 'Tokachi trout rods', am pleased to inform you that my website has just opened for U.S. flyfishers who favor to fish a big rainbow with a bamboo rod enhanced by modern techniques and engineerings.

More informations about my rods are here » http://www.tokachi-rods.com/ , I would very much appreciate visiting my site and having your interest to my rods.

Brighter waters,

Naoki Hashimoto
posted by Tokachi rod at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
Comments to this entry
コメントを書く
お名前 (name): [必須入力]

メールアドレス (E-mail):

ホームページアドレス (URL):

コメント (comment): [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34483272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック